物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



2018年8月26日放送のザ・ノンフィクション「切なさに生きて…2丁目」

2018年8月26日(日)放送分

ザ・ノンフィクションは「切なさに生きて…2丁目」

 

8月26日・番組内容アップしました▼

movieotaku.hatenablog.com

今回の主人公は、新宿2丁目にある

ニューハーフのお店「白い部屋」のオーナー、コンチママ。

語りは、芸人のヒロシさんだそうです。

言わずと知れたゲイの街、新宿2丁目を語るに欠かせない店がある。

50年続くニューハーフの店『白い部屋』。

オーナーのコンチママは、70歳になる。

店の名物は、エッジの効いたオカマトークと華やかなレビューショー。

店には、20代から60代まで、キャラの濃いキャストたちが揃う。

コンチママは、店とともに2丁目文化を作ってきた知る人ぞ知る人物。

ゲイである事を家族に知られないように大阪から18歳で一人上京し、苦労を重ねて生きてきた。

ところが、私たちが取材を始めようとしていたその矢先、コンチママを不幸が襲う。

店の古株のキャストが58歳の若さで急死したのだ。

この街には、故郷を捨てた人が多く、店の仲間は家族同然、動揺が広がっていた。

その上、若手人気キャストがある事情で店を辞めると言い出す始末…。

この街で生きる人達は、それぞれの事情や思いを持っている。

将来の夢、欲望、笑顔の奥に潜む不安…。

ただ、この店の人達に共通している事は、いつも本気で生きる姿。

それは、時に切なくもあり…。

新宿2丁目、50年の老舗『白い部屋』の裏側に、初めてカメラが入った。

「ザ・ノンフィクション」動画配信中です。

▼ ▼ ▼

【フジテレビオンデマンド】

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

PCはもちろん、スマホからも動画を見ることができます。

気になった方は是非チェックしてみて下さい。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ▼

movieotaku.hatenablog.com