物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



もう一度見たいドラマ『オレンジデイズ』

とっても良い作品なのに、

このドラマも地上波での再放送は難しいのかな…

(成宮君が出ているので…)

 

『オレンジデイズ』

『オレンジデイズ』の放送は2004年でした。

もう14年も前のドラマなの!?

信じられない。

懐かしい感じはするけど、そんなに前だったとは…。

 

『オレンジデイズ』あらすじ

どこにでもいそうな大学4年生・結城櫂(妻夫木聡) と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子・萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。

(Wikipediaより引用)

 

【脚本】北川悦吏子

 

【キャスト】

妻夫木聡/柴咲コウ/成宮寛貴/白石美帆/瑛太/

小西真奈美/山田優/上野樹里/小日向文世/風吹ジュン/

沢村一樹/柏原崇/佐藤江梨子/永井大 ほか

 

【各話タイトル】全11話

第1話 声を無くしたマドンナ【動画配信】

第2話 恋の始まり【動画配信】

第3話 君の涙【動画配信】

第4話 僕の失恋【動画配信】

第5話 秘密の夜【動画配信】

第6話 彼女の恋【動画配信】

第7話 君が好き【動画配信】

第8話 結ばれる二人【動画配信】

第9話 悲しい運命【動画配信】

第10話 君がいない【動画配信】

第11話・最終回 君の声【動画配信】

 

【ドラマ主題歌】Mr.Children/「Sign」

Sign

Sign

  • Mr.Children
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 【ドラマ挿入歌】

オレンジレンジ/「上海ハニー」

くるり/「ばらの花」

 

オレンジレンジの「上海ハニー」流れてたっけ??

覚えてない。

 

大学生の役じゃ、みんな若いよねぇ~。

そういえば、柴咲コウも上野樹里も最近テレビで見かけないなぁ。

妻夫木君もドラマしばらく出てないような。

 

『オレンジデイズ』今になってもう一度見返したら、

当時とは違った感想が出てきそう。

でもきっと、「大学生いいなぁ」という部分は

いつ見ても何回見ても思うんだろうな。

大学行かなかったから、

登場人物が大学生のドラマとかは羨ましいというか、

「大学行ってたら楽しかったのかなぁ…」といつも思う。

高校時代もだけど、青春!に憧れる。

 

『オレンジデイズ』

Huluで動画配信中なので、一気見したいと思います。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

お題「もう一度見たいドラマ」

ザ・ノンフィクション「ママ、どうして死んじゃったの?」個人的な感想など

昨日ブログにアップした記事について。

ザ・ノンフィクション「ママ、どうして死んじゃったの?」

movieotaku.hatenablog.com

 

個人的な感想になりますが、

今回のザ・ノンフィクションは話の流れが上手すぎだと思いました。

 

Twitterにも書いたけど、

ママの自殺で辛い→仕事がうまくいかない→

ママを知ってるという人が店に来る→明日がちょうど命日→

親友に会う→新しい家族でもできたら変わるかもと話す→

新しい家族ができる→前向きになる…

って流れが作り話っぽく思えて仕方ないんですよねぇ。

 

六本木で働くりかさん(22歳)が、

母親の自殺にショックを受け「1人で居たくない」

「気が紛れると思って始めた」という夜の仕事。

りかさんは、お酒が苦手なようでしたし、

酔い潰れてしまって仕事場で寝てしまったり(倒れたり)

仕事先で上手くいかないこともあったようです。

 

りかさんが働く店に、急に「ママを知っている」という人が

やってきて「〇〇さんの娘ってマジ!?ママ元気?」などと言い、

それを聞いたりかさんは

過去に母親からお金を盗んだことを思い出して泣き出してしまう。

その日は、ちょうど母親の命日の前日。

 

りかさんが親友と会って「人生しんどい。」

「新しい家族でもできたら変わるんじゃね?」みたいな会話をしてたけど、

その後、神戸に行って父親と会って弟の存在を知らされて、

その日のうちに弟にも会って一緒に食事して。

父親の再婚相手も優しい人みたいでほっとしていて。

 

ていうか、番組で3歳の時に父親が居なくなったって言ってたけど

半年に一回は会ってるみたいだし親友も居るじゃないですか。

祖父母も居て、りかさんの事気にかけてくれていたし。

美味しそうな手料理も振る舞ってくれていましたよね。

全然、孤独なんかじゃない。

 

うーん…。

 

そのほかに思ったのは、

お酒が苦手だしキャバクラはちょっと…的なことも言っていたけど

番組見る限りでは露出度の高いすごい格好で踊っていたり、

無理やりお酒飲まされてる感じもあったし(倒れてるし)

どうなの!?って思いましたよね。

店の裏側でりかさん倒れてるとき、後ろに座ってる人居たし

誰も声かけないの??

いつものことだから、「あ~、またか」って感じなのかな?

それはそれで良くないと思うけど…。

口を掴まれて無理やりお酒を飲ませるのとか、

店側は注意したりしないものなの??

 

しかも倒れてるのにカメラで普通に撮って放送するのもどうなの?

お客さん?に髪の毛掴まれて「痛い痛い」言ってるのも放送されてたし。

怖いんですけど…。

りかさんが、たまにカメラ目線というか、

見ている側に語り掛けるような感じで話してるのも気になりました。

演技なの!?って思うような部分もあったり。

 

あとね、りかさんの家に居たワンちゃんがちょっと気になりました。

 

ザ・ノンフィクション「ママ、どうして死んじゃったの?」

2018年11月4日(日)放送分

ザ・ノンフィクション

「ママ、どうして死んじゃったの?」

語り:朝岡直子

 

今回の主人公は夜の六本木で働く22歳の女性。

名前は、りか。

りかは、六本木のお店でダンサーとして働いています。

 

「どうしてこの仕事を?」

 

りか「夜1人で居たくないっていうのがすごいあったから。」

「でもキャバクラとかはちょっとやだなって思って…」

 

お店ではショーが3回行われます。

ショーの合間は、お客さんのところへ行って話をしたり

一緒にお酒を飲んだりします。

しかし、りかはあまりお酒に強くありません。

 

午前5時、お店が閉店する時間。

りかは酔っぱらっていて、お店で寝てしまいました。

その後、ふらふらした足取りで何とか自宅へ帰ろうとします。

帰り道には、「お酒を飲まないとやってられない。」

「お酒を勧められたら断れない。」と話していました。

 

りかは、都内にある1DKのマンションで

犬のバニラちゃんと一緒に暮らしています。

 

りかは一人っ子。

自宅では、時間があると料理をします。

小さいころ、母親がお弁当を作ってくれなかったので

小学校3年生の頃から自分でお弁当を作るようになったそうです。

りかの母親は、六本木で接客業をしていました。

父親は3歳の時に居なくなり、母と2人暮らしに。

しかし母親は、いつも家に居なかったといいます。

晩ご飯は、いつも母親と外食するか出前。

りかは、「母の味」を知りません。

 

りかの部屋にはベッドの他にドレッサーが置いてあります。

鏡の前には、母親の写真が飾られていました。

「ママの写真を近くに置いておくと安心する。」と話すりか。

 

この写真は、母親の遺影。

りかの母親は、りかが15歳の時に自殺したのです。

 

母親は、毎日のように死のうとしていたそうです。

りかは止めるのに必死だったといいます。

「怖かったけど、止めなきゃいけないと思ってた。」

りかは泣きながら話してくれました。

 

母が亡くなってから7年が経ちましたが、

りかは片時も母のことを忘れたことはありません。

悲しくて寂しくて、眠れない日々を送っていました。

気が紛れると思って始めた夜の仕事。

苦手なお酒も我慢して飲みます。

 

りかは、部屋の更新をきっかけに引越しをしました。

引越しの荷物を整理していると、母親のパジャマが出てきました。

 

捨てられず、今でも大切に持っているそうです。

7年前から1回も洗わずに持ち続けているママのパジャマ…。

忘れたいけど、忘れたくない…。

母親がお揃いで買ってくれた、思い出のパジャマです。

 

夜の六本木。

りかが働いているお店は大賑わい。

今日も苦手なお酒を飲みます。

しかし閉店間際、りかの姿が見えなくなりました。

裏に行ってみると、りかが倒れていました。

飲み過ぎたようです…。

 

店の責任者、ひさしさん。39歳。

連日のように酔いつぶれているりかを見て、痺れを切らしていました。

「ちゃんとしよう。かわいいだけじゃやっていかれへんし。」

ひさしさんは、りかに話をします。

しかし、りかは「うるさい!」と反抗します。

ひさしさんは、りかに母親が居ないことを知っていますが、

これ以上甘やかすのは良くないと感じていました。

朝の6時過ぎ、りかは仕事から帰宅しました。

すると、大切にしまってある母親の遺骨を取り出しました。

「一緒に居たいから」と、遺骨を抱くりか…。

 

母親が自殺した日、りかは家に居ませんでした。

母と喧嘩して、叔父の家に泊まっていました。

叔父から連絡があり、母の死を知らされたと話してくれました。

りかの母親は、自分の車の中で亡くなっていたそうです。

りかは、母の自殺は自分が母のそばに居なかったからだと

自分を責め続けてきました。

 

ある日、「りかの母のことを知っている」というお客さんが

店にやってきました。

そのお客さんは、りかの母親が亡くなったことは知らなかったようで…。

するとりかは、突然その場から走り去ってしまいました。

 

この日の翌日は、母の命日でした。

りかは、あることを思い出したようです。

 

母親と韓国料理を食べに行った日、

母親がトイレに行ってる間に母のお金を盗んだこと…。

りかは、ひさしさんの前で、呼吸が苦しくなるほど泣きながら

その時のことを話しました。

謝りたくても、母はもう居ません…。

 

ある休日、りかは待ち合わせをしていました。

相手は親友の真衣さん、22歳。

りかとは、小学校から高校までずっと一緒でした。

母親が亡くなったとき、りかが真っ先に連絡したのが真衣さん。

「まだまだ何年も生きて行かなきゃいけない。しんどいね。」

「新しい家族でもできたら変わるかもよ?」

「結婚しろって言ってるの?(笑)」

こんな会話をしながら、りかは親友とご飯を食べました。

 

その後、りかは神戸に向かっていました。

3歳のときに離れ離れになった父に会うためです。

父親とは、半年に一度会って近況を話しています。

 

りかの父(謙二さん、65歳)には妻と、10歳になる息子が居ます。

りかには、息子が居ることは話せていませんでしたが、

この日はじめて息子が居ることをりかに話し、

「良かったら会ってみる?」と誘ってみたのです。

父から突然知らされた弟の存在。

りかは驚きつつも自然と笑顔になり、弟に会ってみることにしました。

 

弟は小学校4年生の敬汰くん。10歳です。

そして敬汰くんの母、美紀さんは何年も前から、

(りかも)神戸に来て、こういうふうになれればいいなと思っていたそうです。

思わず涙がこぼれる、りか…。

自分の知らない場所で、自分のことを思ってくれている人が居たなんて。

「ありがたい」と言い、りかは嬉しそうにしていました。

 

それから一週間後。

りかは母の遺骨をお墓に戻すことを決意し、

母の実家を訪ねました。

祖母は、りかに手料理を振る舞ってくれました。

おばあちゃんも、孫のりかのことを気にかけていました。

 

りかは、母の遺骨を持って母のお墓へ向かいました。

遺骨をお墓に戻し、手を合わせます。

「ママ、私の事見守っていてね…。」

 

りかは、ずっと大切にしていた母親の遺骨をお墓に戻したことで

少しスッキリしたと話していました。

りか「もう大丈夫…な気がする。」

 

<おわり>

 

▼「ザ・ノンフィクション」動画配信中▼

無料キャンペーン中!【フジテレビオンデマンド】

FODはフジテレビ公式動画配信サービスです。

 

movieotaku.hatenablog.com

 

木曜ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』

 

ツッコミどころ満載すぎて、ついつい見てしまっているドラマ。

ドラマは『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』という

タイトルだけど、タイトルは頭に入らず

「登場人物にまともな人が居ない不倫ドラマ」

という感じになってます。(苦笑)

 

木曜ドラマ

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』

(ネタバレあり)

運命の人なんて、何歳で出会うかわからないから、怖いのだ。

 

ということですが、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は

目黒 栞(黒木 瞳)とスイスで出会ってから

日本で再会して不倫関係になっていて、

完治の妻である瀧沢真璃子(中山美穂)は娘の彼氏(日野春輝)と

怪しい雰囲気になりつつある…。

 

しかも第4話では、娘の美咲(石川 恋)が

彼氏と映画デートの約束をしていたのに

「残業で行けそうにないんだけど、携帯を電車に置き忘れたから、

お母さん行って伝えて来て。ついでに一緒に映画見てくれば?」と

公衆電話から家に電話をかけ、母親を待ち合わせ場所へ向かわせる。

そして真璃子(中山美穂)と日野春輝(藤井流星)は一緒に映画を見て

うっとりした気分に…。

 

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』

フジテレビ公式動画配信サービス

では最新話を期間限定で無料配信中

 

一方、瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒 栞(黒木 瞳)といい雰囲気になって

手を繋いでホテルへ向かった。

フロントで部屋の鍵を受け取りエレベーターに乗ると、

中で抱き合っている若い女性と一人の男性の姿が。

 

男性と抱き合っていた若い女性の髪に、見覚えのある髪飾りが…。

完治(佐々木蔵之介)は、まさかと思ったが

その女性は娘の美咲(石川 恋)だったのだ…。

相手のおっさん役が高田純次っていうのがまた…!(笑)

2人はお互い気付いて目も合わせたが、声は掛けなかった。

父親と娘が、こんな場所で鉢合わせするなんて。

気まずすぎるよね。

第4話は、このシーンで終わったけど次回どうなるんだろう…。

 

なんか勝手なイメージだけど、

この娘(美咲)っていいイメージがないなぁ~。

いつも家で文句ばっかり言って怒ってるし、

家族の朝食のシーンでも、娘だけ違う物食べてる。

「あたしはコレがいいの!」とか言ってそう。

ていうか、なんでおっさん(高田純次)と関係を持ってるんだろう。

お小遣い稼ぎのため!?

日野春輝(藤井流星)も

「美咲には他に好きな人が居るのかも」と薄々気付いているみたいだけど、

このまま結婚の話は進むのかしら。

でも、彼の母親(麻生祐未)も何かありそうな感じ。

彼氏役の藤井流星さんは、ジャニーズの方なんですねぇ。

このドラマで知りました。(ジャニーズWEST)

 

春輝の実家は世田谷で200坪もある。

弁護士の給料が手取り28万円で、

母親はピアノの講師らしいけど…お金持ちでは無いの??

うーん、よくわからない。

 

銀行員だった完治(佐々木蔵之介)の新しい職場(荻野倉庫)に

居る課長の役が中川家の礼二。

第4話の、このシーン好きでした。(笑)

もうね、作業服が似合いすぎる。(笑)

ドラマ内でラグビーボール出てきたり、ほんと面白い。

(やっぱりラグビーボールは狙ってたのかな?)

 

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』HPの相関図には

課長(礼二)が完治(佐々木蔵之介)をいじめるって書いてあるけど、

この2人徐々に仲良くなったりしないのかな。

ちょっとでいいから、

剛さん(中川家の兄)もドラマに出てきてほしいなぁ~!

 

完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木 瞳)の不倫関係は

荻野倉庫の職員と食堂のおばさんたちにバレないのかしら…。

食堂のおばさん方、こういう噂話とか好きそうだしね。

 

【原作】弘兼憲史 「黄昏流星群」

 

【キャスト】

佐々木蔵之介/中山美穂/藤井流星(ジャニーズWEST)/石川恋/

礼二(中川家)/麻生祐未/八木亜希子/小野武彦/黒木瞳 ほか

 

【ドラマ主題歌】平井堅/「half of me」

half of me

half of me

  • 平井 堅
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 【ドラマ挿入歌】中島美嘉/「彩恋~SAI_REN~」

 

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』動画配信中▼

 

【各話リスト】(第4話まで放送済 2018年11月1日放送)

  1. 誰もが恋の主役になりえる
  2. 妻が恋に落ちる時
  3. 決壊
  4. 引き返せない秘密のデート

 

NHKプレミアムドラマ『主婦カツ!』あらすじ&キャストなど

2018年10月より放送開始した

NHKプレミアムドラマ『主婦カツ!』を見ています。

確か、番組改変期にこのドラマの予告を見て

「“主婦”が“就活”始めます。」というのが

印象的で面白そうだったので見始めました。

 

ドラマは

「専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと」という

薄井シンシアさんの実用書がもとになっているそうです。

主演は、女優の鈴木保奈美さん。

 

全8話で、第4話まで放送が終わっています。

NHKプレミアムということで、途中にCMが入らない分

ノンストップで見られるので夢中になってしまいます。

なかなか面白いストーリーで、続きが気になります。

 

【各話リスト】

  1. 専業主婦が20年ぶりに社会復帰!
  2. 問題だらけのスーパー宝屋! 起死回生のイベントの結果は?
  3. 大量の誤発注! 夏子たちは商品を売り切れるか?
  4. 宝屋が閉店? 夏子が最後に目指すのは弁当大会での優勝!

(全8話)

 

【ドラマ主題歌】

 東方神起/「This is my love」

This is my love

This is my love

  • 東方神起
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

【主な登場人物/キャスト】

  • 宮本夏子/鈴木保奈美←主婦歴20年
  • 宮本明良/宇梶剛士←夫・無農薬野菜を作るため会社を辞める
  • 宮本華/島崎遥香(ぱるる)←娘・看護師を目指すが…
  • 岡野陸/岡田義徳←スーパー宝屋の店長
  • 倉木洋輔/青柳翔←先生
  • 宮本孝太朗/今井悠貴←息子
  • 杉山明日香/山谷花純
  • 久保田玲/小林涼子
  • 飯島裕人/岩井拳士朗←宝屋バイトリーダー
  • 増田文代/大島蓉子←宝屋の総菜担当
  • 矢島翔太/上遠野太洸(かとおの たいこう)←ぱるるの恋人役
  • 朝比奈美咲/山口紗弥加
  • 永野恵/高橋ひとみ ほか

 

『主婦カツ!』これまでのストーリー(ネタバレあり)

鈴木保奈美演じる、主婦歴20年の宮本夏子は夫(宇梶剛士)が

無農薬野菜を作りたい!と突然会社を辞めてしまったことから

仕事を始めることになった。

 

しかし、正社員ではなかなか決まらず思うようにはいかない。

結局、なじみ深いスーパー「宝屋」で働くことになったが、

近くに大型スーパー「グランデ」がオープンしてから

宝屋の売り上げが伸びず、とうとうグランデに吸収合併され

店が閉店することになった…。

スーパー宝屋では、今まで利用してきてくれたお客様に対しての

感謝を込めて総菜フェアなど、閉店セールを開催。

このまま閉店してしまうのか…。

 

ぱるる演じる、宮本夏子の娘・宮本華は看護学校に通っているが

妊娠(思わぬ妊娠なのか!?)して、

学校を辞めて夢を諦めるべきなのか悩んでいた。

両親にもなかなか打ち明けられず、モヤモヤとした日々が続く。

そんな中、倒れてしまい病院へ運ばれた華(島崎遥香)。

病院に駆け付けた夏子(鈴木保奈美)は、

病室に居た彼氏(上遠野太洸)の存在に驚く。

そして、娘の妊娠の事実がわかりさらに驚いてしまう…。

 

華に「(この先のことは)ゆっくり自分で考えなさい」と話した夏子。

華は考えた末、赤ちゃんを産みたい。

学校にも通いたい。後悔しないように夢も諦めない。という結論を出し、

「休学した後の子育てを協力お願いできますか。」と両親に話した。

 

www.nhk.or.jp

アニメ『色づく世界の明日から』

アニメの世界観とイラストがとても好きで見始めた

『色づく世界の明日から』

大好きな『Angel Beats!』(エンジェルビーツ)や

『Charlotte』(シャーロット)などを担当している

P.A.WORKS(ピーエーワークス)というアニメ制作会社が

制作している2018年秋アニメです。

(アニメに登場するポポッキーを食べる瞳美ちゃんと琥珀ちゃん)

 

『色づく世界の明日から』は長崎県が舞台になっているそうです。

魔法屋さんとか、花火大会の会場とか街並みもとても綺麗です。

 

西暦2078年には魔法が存在していて、

主人公の月白瞳美(つきしろ ひとみ)は未来から過去へやってきます。

瞳美ちゃんは色覚を失っていて、灰色の世界を見ています。

そんな彼女に色を見せてくれたのは…?

幼い頃に色覚を失ってしまった、魔法使い一族の少女・月白瞳美。

祭りの夜、彼女は祖母の琥珀から「高校2年生の私に会いに行きなさい」と告げられ、魔法で60年前の過去へと飛ばされる。

気づくと彼女は、南ヶ丘高校に通う高校生・葵唯翔の部屋にいた。

自分の身に何が起きたかわからず、あわてて部屋から逃げ出す瞳美。

しかしその姿が、唯翔の友人である川合胡桃たちに目撃されていて……。

 

【原作】ヤシオ・ナツカ

 

【アニメ各話リスト】全13話

(2018年10月29日時点)

  1. キミノイクベキトコロ
  2. 魔法なんて大キライ
  3. No Rain, No Rainbow
  4. おばあちゃんはヤメテ!

 

Blu-ray BOXちょっと欲しい…

 

【オープニングテーマ】ハルカトミユキ「17才」

17才

17才

  • ハルカトミユキ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

【エンディングテーマ】

やなぎなぎ「未明の君と薄明の魔法」

 

【登場人物/キャスト】

月白瞳美/石原夏織

月白琥珀/本渡楓

葵唯翔/千葉翔也

川合胡桃/東山奈央

風野あさぎ/市ノ瀬加那

山吹将/前田誠二

深澤千草/村瀬歩 ほか

 

『色づく世界の明日から』動画配信は

2018年10月5日より

Amazonプライム・ビデオにて配信中です。

 

iroduku.jp

ザ・ノンフィクション「期待して 裏切られて 傷ついて 泣いて」前編

ザ・ノンフィクション

2018年10月14日(日)放送分

「期待して 裏切られて 傷ついて 泣いて」前編

語り:内藤裕子

 

今回の主人公は女性歌手の蘭華(らんか)、39歳。

18歳で歌手になることを夢見て上京。

35歳でようやくメジャーデビューできた遅咲きのシンガーソングライターです。

39歳という年齢。これまで、

恋愛や結婚も後回しにして人生のすべてを音楽にかけてきました。

 

そんな蘭華と一緒に戦う同士が2人います。

一人は大手レコード会社など経て独立した

所属事務所社長の水島秀昭さん、56歳。

夢は蘭華をスターにすること。

 

そしてもう一人は音楽プロデューサー歴40年の柿崎譲志さん。

63歳です。

音楽業界では名の知れたプロデューサー。

 

蘭華は所属事務所の一画を間借りして暮らしていました。

蘭華が思い描いていたのは華やかなメジャーデビュー。

「自分が目指していた世界って、こんなんだったんだって思いました。」

しかしイメージとはかけ離れた現実の日々…。

 

蘭華はカラオケが大好きな少女でした。

上京後の23歳の時、大手プロダクションに所属。

自主製作などでCDを4枚リリースしますが思うようにはいかず。

そんな中、2人と出会いました。

蘭華は水島社長の事務所へ所属。

そして36歳の時、メジャーから『東京恋文』をリリース。

「輝く!日本レコード大賞」の企画賞を受賞することができました。

しかしヒットはせず、レコード会社は次の契約をしませんでした。

それから2年、CDを一枚も出せていません。

厳しい世界です。

 

今年こそ、メジャーから新しいアルバムを出したい。

新しいアルバム制作が始まります。

 

蘭華は島根県出雲市に向かっていました。

出雲には、蘭華の大好きなおばあちゃんが居ます。

 

蘭華のおばあちゃんは101歳。

福建省で生まれた中国人です。

蘭華は、おばあちゃんに向けた歌を作り始めます。

メロディーに合わせて詞を書いていきます。

 

17歳で愛されて子供が産まれたの

19の時 あなたは私を置いていった

知らない国へ行った

 

段々と歌詞ができあがっていきます。

出雲に居る期間は一週間。

その間、蘭華は水島社長からの連絡を待っていました。

レコード会社コロンビアが新しいアルバムを出してくれるか

最終決定を出す日でした。

すると蘭華のもとに、水島社長から

「悔しい、コロンビアの件、胃が痛い。」という内容の

メッセージが届きました。

 

「胃が痛いとは?」と返信しましたが連絡が来ないので、

蘭華はしびれを切らして社長に電話をかけます。

すると、結果はまだ来ていなかったようです。

自分が歌詞を書いているときに、ネガティブな内容を送ってこないでほしい。

蘭華はハッキリと伝えました。

 

蘭華は出雲大社でレコード会社が決まるよう願掛け。

「結婚しようと言ってくれた彼も居たけれど、

ずっと断ってきたのは自分が夢を追いかけて上京してきたから。

恋愛しにきたわけではないので。」

蘭華は、結婚も後回しにして夢を追い続けていました。

 

結局、レコード会社からの朗報は届かず…。

 

2月末、レコード会社が決まっていない中、

蘭華はレコーディングを開始しました。

年末の賞を狙って、9月くらいにはアルバムを出したいと考えていました。

 

スタジオ代や楽器演奏者のギャラなど、水島社長が負担しています。

レコード会社が決まらなければ大赤字です。

レコーディングを終えると終電が過ぎた時間。

タクシーで帰る余裕はありません。

3人はファミレスへ。

 

63歳になる柿崎プロデューサー。徹夜はしんどい年齢です。

柿崎プロデューサーは、

「もうこれが最後のアルバムプロデュースになると思う。」と

話し始めました。

突然の引退宣言でした。

 

「蘭華の曲をヒットさせたい!」

それが原動力となっている柿崎プロデューサー。

3人の夢を掛けた、蘭華のアルバムです。

 

3月になってもレコード会社は決まらず、蘭華は焦っていました。

101歳のおばあちゃんに捧げる曲。

なかなか思うように調子が出ない様子です。

精神的に疲れてしまい、声にも疲れが出ている蘭華…。

 

 「やらなきゃいけないってわかってるけど、

モチベーションが上がらない」

 

そんな蘭華を心配している水島社長と柿崎プロデューサー。

無事にレコード会社が決まれば…。

 

ある日、夜行バスに乗って大阪へ向かう蘭華の姿がありました。

 

水島社長は、とある会社の担当者と名刺交換を取り付けました。

蘭華の曲を聴いてもらい、CMタイアップを狙います。

担当者には好感触。

地道な活動を続けていきます。

 

柿崎プロデューサーも大阪に駆けつけました。

一体、大阪で何が始まるのでしょうか。

 

3人がやってきた場所には、なんと日本屈指のギタリスト

押尾コータローさんの姿がありました。

押尾さんは蘭華さんのライブを見た事があるそうです。

 

『悲しみにつかれたら』という曲で押尾コータローさんが

ギターを担当し、レコーディング開始です。

この曲は蘭華の歌声と押尾コータローさんのギターのみ。

 

レコード会社の話が白紙になってから2か月。

レコーディングは進んでいるものの、

まだアルバム発売のレコード会社が決まりません…。

 

プライドを捨てて、

インディーズからのリリースも考えなければいけないのかなぁ

と思うようになったといいます。

 

蘭華の新アルバムリリース、

レコード会社は無事に決まるのでしょうか…。 

 

<後編>へ続きます。 

 

「ザ・ノンフィクション」動画配信中です。

▼ ▼ ▼

【フジテレビオンデマンド】

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

PCはもちろん、スマホからも動画を見ることができます。

気になった方は是非チェックしてみて下さい。

 

「ザ・ノンフィクション」過去の番組内容はこちらへ▼

movieotaku.hatenablog.com