物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。

『中学聖日記』第6話を見ての感想など(ネタバレあり)

『中学聖日記』視聴率が~とかいろいろ言われているけど、

割と毎週楽しみになっているドラマです。

見始めたころは、黒岩くんが中学生に見えないし

有村架純も教師には見えないような感じがしたけど、

なんだかんだ言って見続けているドラマです。

昨日(2018年11月13日)『中学聖日記』第6話が放送されましたが…

最後まで「なんなの!?」という感じでした。

(ネタバレあります)

 

第5話で聖(有村架純)と黒岩くん(岡田健史)が離れ離れになったけど、

第6話は、それから3年後の話。

もう、第6話見たら第5話が最終回で良かったんじゃないかと思える内容で

ガッカリ感がすごいです…。

ツッコミどころ満載というか、ドラマだから仕方ないんだけど、

第6話は本当に消化不良というかなんというか…。

 

聖(有村架純)と婚約破棄になって別れた元恋人の川合勝太郎(町田啓太)が

3年後にわざわざ聖の荷物を届けにやってくるとか、

友近(丹波千鶴)が教師だったとか、

(途中でコントみたいになってたのは一体…)

黒岩君の母親(夏川結衣)が「聖がまた教師をしている」と聞いてから

色々調べてるのも変。

学校に電話して聞いたって言ってたけど、そんな簡単に教えてくれないよね。

息子との関係があって頭にきていて~っていうのは分かるけど、

今になってまた聖のこと調べたりしてどうするの?

聖の噂を広めたりするなら、自分の息子(黒岩晶)のことも広まるってことだし。

 

 

勝太郎(町田啓太)と原口 律(吉田羊)の関係も、もういいよー!

勝太郎と同じ職場のNEW女(笑)とはくっつかなくて良かったけど。

「じゃないほうはイヤ」っていうのも何か変だったし。

「じゃないほう芸人」みたいだよね。

 

第6話で、無理やり3人(聖・黒岩くん・勝太郎)の

新たな恋愛が始まる!的な感じにはしなくて良かったと思う。

 

中学の同窓会には、見た事ないカラコンのニットの子が登場してきたし、

あの子は一体何なんだろうか。

相関図には

「高校3年生。晶の元クラスメイトで、自由奔放なイマドキ女子高生。」って

載ってるけど第6話まで出てきてないよね…!?

この役いるの??

 

黒岩君と、るな(小野莉奈)の絡みも見たくなかった…。

ラブホで、るなが「黒岩の裸見たい」って言ったり、

水が止まらないシーンは思わず「え!?」ってなったし、

シャワー止めようよ。ってずっと思ってた。(笑)

なんだかなぁ~。

 

黒岩くんは、まだ聖ちゃんが好きなんだよね。

聖ちゃん(有村架純)と黒岩君(岡田健史)が再会して欲しかった。

 

ネグレクト?の母親も登場してたけど、この母親は

どうして聖の過去を知っているんだろうか。

次回で何かありそうだったけど…。

 

不倫していて子供にお弁当も持たせない母親に、

職場で抱き合う教師、ラブホでびしょ濡れになってる高校生…

 

原作もこんな感じのストーリーなのかなぁ。

とにかく第6話は「なんなの!?」という感じでした。

なんか勿体ない~。

 

『中学聖日記』主題歌:Uru/「プロローグ」

プロローグ

プロローグ

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

『中学聖日記』公式サイト▼

www.tbs.co.jp