物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



『ホリデイラブ』番外編~10年前の2人・高森夫妻編~アベマTVオリジナルドラマ

大人気ドラマの『ホリデイラブ』

 

仲里依紗が演じる高森 杏寿(たかもり あず)と

塚本高史が演じている高森 純平(たかもり じゅんぺい)。

この高森夫妻が夫婦になる前のエピソードを

オリジナルドラマとしてAbemaTVで動画配信中です。

 

(ネタバレあります)

 

『ホリデイラブ』番外編

~10年前の2人・高森夫妻編~アベマTVオリジナルドラマ

(15分)

あらすじ

橘杏寿(仲里依紗)は同僚と一緒に、会社近くの喫茶店にランチへ。

実は彼女、この店でよく見かける高森純平(塚本高史)に恋をしていた。

この日も勇気を出して話しかけようとするが、何も知らない上司・西村部長の邪魔が入り、会話は出来ず仕舞い...。

その矢先、杏寿は純平の海外研修が決まったと聞き、ショックを受ける...

 

杏寿の旧姓は橘(たちばな)。

杏寿は、よく同僚と一緒に会社の近くにある喫茶店にランチへ来ていた。

この喫茶店のマスターは、

喫茶店に来ているお客さんの“心の声”が聞こえてしまうらしい…。

 

杏寿がランチしているこの喫茶店に、純平もよく来ていた。

実は杏寿(仲里依紗)と純平(塚本高史)の勤務先は近くだったのだ。

 

純平はマスターが作る特盛ナポリタンとコーヒーをよく注文していた。

そんな純平に想いを寄せていた杏寿。

いつも遠くから彼の事を見て、

「見ているだけで幸せ」と言いつつも、いつ話しかけようかと悩んでいた。

そんな杏寿を見かねて、同僚が「私に任せて」と彼に近づく。

純平の近くでわざと物を落として、彼の名前が高森であり、

勤務先が近くの建設会社であることを確かめた。

左手の薬指に指輪をしていないという事も。

その事実を知った杏寿はテンションが上がる。

 

ある日、杏寿が1人で喫茶店を訪れ、カウンターに座ってランチをしていた。

杏寿が注文したのは、かつ丼!

すると、近くの席に純平が1人でやって来たのだ。

「話しかけないと…こんなチャンスは滅多にない。」そう思いながら

勇気を出して高森さんに話しかけようとする。

が、杏寿の会社の部長(西村部長)がやってきて話しかけられず…。

杏寿は、同僚たちが居る席へ移ってしまった。

 

この様子を見ていた純平。

実は、純平も杏寿のことが前から気になっていた。

「彼氏は居るのかなぁ?どうやって話しかけようか…」

杏寿と同じことを思っていたのだ。

「こんなチャンス滅多になかった。話しかければ良かった~」

 

そんな矢先、純平は会社の海外研修のメンバーに選ばれる。

いつもの喫茶店でこの話をしていると、そこには杏寿の姿も。

杏寿は高森さんの海外研修にショックを受ける…。

 

しばらくの間2人の様子を見ていたマスターは、

ある日、わざと2人を近くの席へ座らせた。

 

この日も、杏寿は西村部長につかまっていた。

西村部長は、

杏寿が喫茶店に来ている男性に想いを寄せていることを知ったらしく

「最近ウキウキして、例の彼は今日は来てないの?」と話し出す。

杏寿は「近くに居る高森さんにバレてしまうからやめて~!!」

というような顔をするが、西村部長はお構いなし。(笑)

「ほら、特盛ナポリタンを注文するイケメンの彼。熊弥組の。」

大きな声で話すと、純平は噴き出した。(笑)

 

そして、「あの…杏寿(あず)さんですよね…?

前から杏寿さんのことが気になっていました。友達になって下さい!」と

純平は杏寿に話しかけた。

杏寿は「はい…喜んで。」と返事をした。

こうして杏寿と純平は、友達からのお付き合いを開始したのでした。

2人の10年前のエピソードです。

 

『ホリデイラブ』番外編~高森夫妻編~

<キャスト>

  • 橘 杏寿:仲 里依紗
  • 高森純平:塚本高史
  • 西村部長:俵木藤汰
  • マスター:近江谷太朗

 

『ホリデイラブ』関連記事▼

movieotaku.hatenablog.com

movieotaku.hatenablog.com

 

3月11日~は、AbemaTVで井筒夫妻の10年前のエピソードが

配信されるそうで、こちらもとても楽しみです。

 

『ホリデイラブ』ドラマ主題歌

ポルノグラフィティ/カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

▲試聴は無料です。