物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



有吉ジャポン「ロー活女子」に密着

有吉ジャポン

SNSで急増!「ロー活女子」

2018年1月27日(土)放送分

 

「ロー活女子」という言葉をご存知でしょうか?

私は今回の有吉ジャポンを見て初めて知りました。

 

「ロー活女子」とは

極限まで肌を露出し、撮影会を行ったり自撮り写真を

SNS(インスタグラムやTwitter)にアップしている女子のこと。

 

コスプレ女子が増え続ける中で、今注目されているのが

極端なローライズ衣装を身にまとい活動している

「ロー活女子」なんだそうです。

お尻が見えるローライズの衣装( ゚Д゚)

有吉と小峠の表情w

 

こちらの画像は、ロー活女子の撮影会の様子。

(女子プロレスっぽい…!?)

ロー活女子の撮影会では、ファン(カメラマン)がお金を払い、

ロー活女子の写真を撮ります。かなりきわどい衣装です。

ちなみに1回50分の撮影で約1万円ほど稼ぐことができるそうです。

露出度が多い分、一般的な撮影会よりは多く稼げるんだとか。

それにしても凄い光景ですね( ̄▽ ̄;)

お尻が。。。

 

撮影側の男性は、本格的なカメラを使いロー活女子を撮影。

男性は何度も撮影会に足を運び、信用を得ると

個人DVDや写真集の依頼をされることもあるそうです。

中には、ロー活女子と泊りがけの撮影もあったりするそうですが

いくら信用しているとはいえ、怖くないのでしょうか…。

事件になったり危険な目に遭わなければ良いですが。

何が起きるかわかりませんからね。

 

最近特に思いますが、スマホが普及してから(SNSが普及してから?)

こういうの増えましたよねぇ。

学生時代からスマホが当たり前だと、

知らない人と簡単に会ったりすることに危機感が無いのかな。

自撮り写真をSNSに投稿している人も多いけれど、

「自分の顔を世界中に晒している」という事に気付いていないのか。

感覚が違うのかな~。

たまに、日本ダイジョウブ?って思ったりします。 

便利になり過ぎると怖い。

 

撮影会では、かなりの至近距離から撮影されていますが、

ロー活女子たちは撮影されることに抵抗は無いと言います。

うーん…。

 

ロー活女子と呼ばれる女子たちは、自ら脱ぎたがり、

自撮り写真もSNSにアップしているそうです。

「いいね」がもらえると嬉しい、反応が嬉しいという理由から。

画像を投稿して、すぐに見ている人からの反応があるという部分が

リアルタイムで繋がっている感じがするのでしょうか。

 

こちらはロー活しているミサミさん。23歳。

普段着からは想像できないようなロー活衣装です。

ミサミさんは自宅でロー活しているそうです。

セルフィ棒を使って自撮りし、SNSに画像を投稿。

 

続いてのロー活女子は無無田(むむた)さん。23歳。

有吉の残念そうな表情が…(笑)

 

無無田さんも自宅での自撮り写真をインスタグラムにアップしています。

「自宅で」というのが、生活感があってまたいいのでしょうか。

え!?堂々と画像加工してるし( ̄▽ ̄;)

アプリを使った画像加工は当たり前だと言います。

もう何が本物なのかわかりませんね…。

ちょっと理解できない活動ですが(苦笑)

「パパ活女子」に続き「ロー活女子」も話題になりそうですね~

あまりこういう人が増えるのは良くないと思いますが…。

movieotaku.hatenablog.co

 

追記:ロー活女子ミサミさんのその後

movieotaku.hatenablog.com