物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



「ザ・ノンフィクション」北九州監禁連続殺人事件の息子と番組プロデューサーの話

2017年10月15日と22日の2週にわたって放送された

「ザ・ノンフィクション」人殺しの息子と呼ばれて・・・

内容はこちらの記事へ▼

movieotaku.hatenablog.com

 

とても反響が大きかったようで、放送終了後も番組宛てに

メッセージや手紙がたくさん届いているそうですね。

 

北九州監禁連続殺人事件の犯人の息子にインタビューした

「ザ・ノンフィクション」番組チーフプロデューサーの張江さん。

息子について、「すごく冷静に話す人」という印象を持ったそうです。

電話でのやり取り後、はじめて顔を合わせる息子と張江さん。

お互いニヤっとして「ようやく会ったな。」という感じがしたと言います。

 

息子が「ザ・ノンフィクション」に出演することについて、

彼の家族は反対していたそうです。

松永死刑囚をはじめ、緒方受刑者、そして同じ施設で育った実の弟さんにも反対されたようです。

ただそれを振り切ってでも、彼自身ちゃんと「生きていく」ということを世に伝えたかったのではないかと思います。

 

彼が何故、今も北九州から離れずに暮らしているのか。

「北九州から出よう」という発想が無く、現実的な問題として金銭面、

知り合いがいない、という状況が大きかったようです。

 

知り合いがいない土地のほうが良いのでは?と思いましたが、

彼の中には「もう逃げたくない」という大きな思いがあったようです。

張江CP:「もし身元が割れるようなことがあれば、僕は消えるしかないのかなぁ」というようなことは言っていました。

また先日福岡でも番組が放送されたのですがその際には「九州で流せば何かしら起きる可能性がある」ということで事前に彼に放送をしても大丈夫かを確認しました。

「特定されたら引っ越さないと」というようなことは言っていましたが、放送を許可してくれました。

もう逃げたくないという気持ちが大きいようでした。

福岡でも放送されたのですね。

放送後には、若者から年配の方まで多くの方からの励ましの手紙、

息子と同じ境遇だという方からの手紙などたくさん届いていて、

全て彼の元へ届けられているそうです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

お題「最近気になったニュース」

お題「楽しみにしているテレビ番組」