物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



ドラマ『この世にたやすい仕事はない』第3話「おかきの外装の仕事 前編」ネタバレ&あらすじ

第3話「おかきの外装の仕事 前編」

 

恋人の元を訪れた霧中かすみ(真野恵里菜)。

第2話の記事で、同棲かな?と書きましたが、

「なんで急に出て行ったんだよ。」という

百合岡純(塚本高史)のセリフがちゃんとあったようでした(;^_^)

 

かすみは今日もハローラボを訪れていた。

またしても激混みw

毎回毎回、この職業紹介所で一体何があるのか気になります。(笑)

メガネのおっさんとか、メンバーが毎回同じっていう。

(手前は職員の人っぽい)

 

かすみは、この人混みをするりとすり抜けて正門(浅野温子)の元へ。

突然、占いをすると言い出した正門(浅野温子)は水晶を取り出し占う。

そして、かすみに新しい仕事を紹介した。

あれ?カナリアバスの仕事は終わっちゃったの?(゜_゜)

 

かすみの次の勤務先は、おかきを扱う千鶴製菓という会社。

カナリアバスのアナウンス効果で売り上げが上がったという。

 

かすみが担当するのは、煎餅やおかき類の袋裏の企画を考えるというもの。

↓こういうの

全面的に任されるのが「ふじこさん おしょうゆ」(笑)

今日の今日で

パッケージ裏の豆知識?的な企画案を出してという無茶ぶりも。

そしてプレゼン。ペースが速いっ!

 

社長から「パンチが足りない」などとダメ出しされ、

「霧中さんには期待し過ぎちゃったかな~」という言葉を聞いたかすみは

落ち込んでしまった。

 

そんな中、かすみの勤務先に百合岡(塚本高史)がやってきた。

取引先なのかな?

おばさま方とも楽しそうに話し、場の雰囲気も和んでいた。

百合岡は何の仕事をしているのか、かすみに話していない。

 

しかし、百合岡が勤務先に来てくれたおかげもあり

かすみに笑顔が戻った。

 

かすみは「ふじこさん」がどんなキャラクターなのか考え、

企画を練り直した。

そして見事、かすみの企画が通り

めでたく新商品「ふじこさん おしょうゆ」が発売になったのでした。

お客さんからも箱裏の企画が好評。

真野ちゃんの笑顔かわいいなぁ。

 

第4話へ続きます。

 

 

「この世にたやすい仕事はない」

◆原作:津村記久子「この世にたやすい仕事はない」小説

◆登場人物(キャスト)

・霧中かすみ(真野恵里菜)28歳独身

・正門(浅野温子)ハローラボの職員

・百合岡純(塚本高史)かすみの恋人

・江里口麻理(馬場園梓:アジアン)ほか

◆ドラマ主題歌:wacci「Ah!Oh!」

 

movieotaku.hatenablog.com

 

お題「楽しみにしているテレビ番組」