物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



ドラマ『この世にたやすい仕事はない』第1話「バスのアナウンスの仕事 前編」ネタバレ&あらすじ

ずっと見ようと思っていて見ていなかったドラマ

「この世にたやすい仕事はない」をやっと見ました。

真野ちゃん(真野恵里菜)主演のNHK BSプレミアム連続ドラマです。

4月スタートのドラマだったので、もう3か月も経ってしましました(;゚Д゚)

 

見ようと思ったきっかけは、ドラマのタイトルと出演者です。

真野ちゃんのほかに、塚本高史くんも出ているので見たいと思いました。

塚本高史くん久しぶりな気がしました。

 

「この世にたやすい仕事はない」

何事も一所懸命で、燃え尽きてしまった主人公 “かすみ” に紹介されるのは、奇妙きてれつな仕事ばかり。

どこかふざけたような仕事で、誰がやってもいいものだけど、

まぁ、やってみますか!と始めてみた。

すると、あれあれ不思議、なんだか共感できるし、えっ、これ楽しい…?

どんな仕事にも、計り知れない大変さがあり、

同時に計り知れない楽しさがある!

自分の仕事が、もっと愛せるようになる

◆原作:津村記久子「この世にたやすい仕事はない」小説

◆登場人物(キャスト)

・霧中かすみ(真野恵里菜)28歳独身

・正門(浅野温子)ハローラボの職員

・百合岡純(塚本高史)かすみの恋人

・江里口麻理(馬場園梓:アジアン)ほか

◆ドラマ主題歌:wacci「Ah!Oh!」

 

ネタバレ&あらすじ

第1話「バスのアナウンスの仕事」前編

 

霧中かすみ(真野恵里菜)は、何事にも一所懸命に取り組んできた。

夢だった小学校の先生になったけれど、熱心になり過ぎて燃え尽きた。

バーンアウト。

ある日、「みはりのしごと」をやりつくした彼女は

短期の仕事でリハビリしようとハローラボ(職業紹介所)を訪れる。

ハローワークではない。

「仕事ってなんなんだろう・・・」

 

ハローラボの職員(浅野温子)から次に紹介された仕事は

“バスのアナウンスのしごと”

 

霧中かすみ(真野恵里菜)がやってきたのはカナリアバスの事務所。

かすみが配属されたのはバスのアナウンス作成部。

バス停に近づく時にバスの中で流れるアナウンス広告を作成する仕事。

かすみは、課長から先輩である江里口麻理(馬場園梓)の

見張りも行うよう指示を受ける。見張り・・・?

 

江里口麻理(馬場園梓)が担当するバスのアナウンスは独特。

でもなぜか惹かれてしまうアナウンスで不思議。

「100%国産ミートがあなたの胃袋にジャストミート!!」

ドックお江戸という、ホットドック屋?のアナウンスの出だし。(笑)

 

江里口(えりぐち)さんは仕事をてきぱきとこなし、いつも冷静。

社員からも頼りにされている存在らしい。

課長は、そんな江里口さんを何故見張るように言ったのか?

 

「江里口さんのアナウンスには不思議な力があるんですよ」と話す課長。

江里口さんが作成したアナウンスデータを消去したら、

その店も無くなってしまったという・・・。

 

どうしても、その言葉が気になってしまったかすみは

江里口さんに見つからないよう、1つのアナウンスデータを消去してみた。

本当に店が無くなってしまうなんてあるのだろうか・・・

 

第2話に続きます。

【送料無料】この世にたやすい仕事はない [ 津村記久子 ]

 

 

お題「楽しみにしているテレビ番組」

お題「ひとりの時間の過ごし方」