物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



アニメ『クズの本懐』第12話「2人のストーリー」最終回ネタバレ

クズの本懐

第12話(最終回)「2人のストーリー」

(以下、感想・ネタバレあります)

花火、麦、早苗、最可、鳴海、茜。絡まりあった赤い糸は、
切れて解けて結ばれて、それぞれに新たな糸を紡ぎだす。
不器用すぎた彼らが、歪な恋の先に見つけた「本懐」とは――

 

11月ー

花火と麦の高校では文化祭の準備が進められている。

花火(もう「あったか~い」の季節か。

季節は流れる。私を置き去りにして…)

 

おにいちゃん(鐘井先生)が結婚の報告に花火の自宅へやってきた。

(ドラマだと花火は公園で鐘井先生に結婚報告の話をされる)

帰り道、花火はおにいちゃんと話しながら帰る。

(鐘井先生は茜に言われてコンタクトレンズに変えたらしい)

鐘井先生「式、来てくれるかな?花ちゃん?」

花火「うん、行くよ。当たり前じゃん。」

 

文化祭当日、花火はステージ係の担当になったが

時間までの間、1人で校舎をうろうろ。

ふと立ち寄ったファッションショーの出し物で、

モカ(鴎端のり子)がウェディングドレス姿でステージ上に立っていた。

 

文化祭のステージ係の合間、

サボって倉庫で休憩しているうちに眠ってしまった花火。

花火(1人は心地いい。1人は色んな事が見えてくる。

そうだ、だって、もともと1人だったんだから。)

麦のことを思い出す花火。

 

花火(じゃあなぜ、私たちはあの日、約束したんだろう。どうして?)

目を覚ました花火。

倉庫では麦も寝ていたらしく、2人は目を合わせる…。

花火(どうして、私たちは出会ったの…?)

 

そして3月にー

教室では皆川先生と鐘井先生の結婚祝い準備が行われていた。

花火「たかが先生同士の結婚で~超重労働じゃ~ん。」不満そう

 

花火が機材を片付けに行こうとした時、

クラスメイトの男子に声を掛けられ、花火に気があるような素振りを見せる。

そこに、やって来たのはえっちゃん(絵鳩 早苗)。

えっちゃん「はいはい、そこまで。

花火は私のだから、うかつにアピールしないでくれる?」と花火を連れ出す。

 

えっちゃん「大丈夫、さっきのは冗談だから。」

花火「なんであんな…」

えっちゃん「まだしばらく、言い寄られたくないでしょ?」

花火「えっちゃん…ありがとう~」

ショートカットのえっちゃん…似合ってる♪

 

皆川先生と鐘井先生の結婚お祝い会。

花火の事を気にする鐘井先生を差し置いて、茜(皆川先生)が花火の元へ。

f:id:monchhichilovely:20170331144929j:plain

茜「ブーケトスよ。受け取って。」

花火「トスって投げてないじゃないですかぁ。」

茜「次は、取られちゃダメよ。」

花火「余計なお世話です~!」

 

放課後ー(学校の倉庫)

花火は「あの日」の約束を思い出していた。

麦との約束。

花火(君の熱に焦がれた。私たちがかつて交わした契約。

2人とも恋に破れた今、ねぇ、契約はもう無効?

それとも新しい契約をもしも結べるなら…)

 

もう、大丈夫

 

花火「麦も、よく頑張ったね。」

麦「おまえも。」

今までの分も、いろんな事を話した2人。

 

「決意」をした花火。

花火「私、麦に出会えて良かったなぁ。」

 

離れたくない。引き留めたい。終わりたくない。

でも、さよならー

「本物」を探すために生きていく…。

 

『クズの本懐』おしまい

 

◆関連商品◆

   

 

◆関連記事◆

movieotaku.hatenablog.com

movieotaku.hatenablog.com

 

◆アニメ主題歌◆

オープニング:96猫「嘘の火花」

エンディング:さユリ「平行線」

 

◆キャスト(声優)◆

安楽岡花火(安済知佳

粟屋 麦(島﨑信長)

絵鳩早苗(戸松遥

鴎端のり子(井澤詩織

鐘井鳴海(野島健児

皆川 茜(豊崎愛生