読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



『東京女子図鑑』最終話・「強欲な女はゲームをコンプリートできるのか?」

オリジナルドラマ

東京女子図鑑

最終話(22分)

最終話『強欲な女はゲームをコンプリートできるのか?』

前回(第十話)のあらすじ、感想はこちらへどうぞ

『東京女子図鑑』第十話・代々木上原編「やっぱり、そういうこと?」 - 物語のある生活

秋田の実家に戻った綾。

代り映えしない街。

手に入れたいものもなければ、手に入らないものもない。

井の中の蛙でいいじゃないか。

東京で出会ってきたたくさんの人たち。

自分を成長させてくれたたくさんの街。

綾のハッピーエンドは…終わらない人生のドラマ、最終回! 

 (以下、感想・ネタバレあります)

いよいよ最終回です。 

 

綾は秋田の実家へ戻った。

「井の中の蛙っていうのも悪くないかなぁ~」

 

東京は過酷な街だ。

表参道を歩けば、どう転んだって敵わないモデルのような女が歩いている。

タクシーから降りてきた女は、ことある事に

バーキンを夫から贈られるような切符を手に入れているかも知れない。

夕暮れ時に駅に向かう女は、五か国語を操るビジネスウーマンだったりして。

でも、この街には、今の私には

手に入れたいものもなければ、手に入らないものもない。

どうあがいても敵わないという女たちに打ちのめされる事もない。

 

綾は、高校時代の恩師に再会する。

恩師からは、「これこれっ!」と

雑誌のインタビューを受けた時の記事を見せられた。

学生たちが自分を憧れの的として見ていると聞かされ、

綾は涙が止まらなくなった。

 

というわけで・・・(?)

綾は東京に再び戻ってきた。

東京で出会った沢山の人たち。

時の流れと共に、それぞれの道を進んでいる人たち。

 

綾は最初に引っ越してきた三茶(三軒茶屋)にやって来た。

するとそこには、元カレの直樹(阿部 力)の姿が。

直樹と一緒に三茶で過ごした日々を思い出す綾。

「小さな幸せ」が切なく感じていたあの頃。

今となっては、その「小さな幸せ」のありがたみが分かるようになった。

しかし、直樹は結婚していたらしい。

奥さんと子供。

3人仲良く手を繋いで歩く姿を見つめる綾。

 

『予約の取れないレストラン、代理店の彼氏、やりがいのある仕事、

六本木ヒルズ、バージンシネマのレイトショー、一泊二日の箱根旅行、

ハリーウィンストンの婚約指輪、幸せな結婚。

人生をコンプリートするためのアイテム。

 

東京をゲームの舞台に選んだ女たちは、

ロールプレイングの主人公となって、

そのゲームをコンプリートするためのアイテムを集めてきました。』

『上を見れば見るほど、際限のない青天井の東京。

同世代の女たちがコンプリートしたゲームの美しさと完成度。

クラクラします。』

 

『隣の芝生はどこまでも青く、広く。そして残酷なまでに美しく…。』

 

ーーー綾は40歳になった。

タワーマンションでもなく、低層高級マンションでもなく

築20年の中古マンションを購入しフルリノベーション。

ソファに寝ているのは、前の会社の同僚だった男性。

「これが私のハッピーエンディングかって?どうなんでしょう?」

 

「足るを知れない強欲な女たち。その嫉妬すら人生のスパイスだと

味わえるようになったら、一人前の都会の女。」

真っ赤なコートを着てうっすらと笑みを浮かべる女性とすれ違う。

「がんばりましょう。

次から次に手に入れたいものが増えてくるんですから。」

 

◆関連記事◆

Amazonプライムビデオとは - 物語のある生活

東京カレンダー『東京女子図鑑』 - 物語のある生活

『東京女子図鑑』第一話・序章「秋田生まれの女の子」 - 物語のある生活

 

◆関連商品◆

  

 

監督:タナダユキ

主演:水川あさみ

主題歌:「トウキョウコンプリート」東京リリー&ローズ

 

<主なキャスト>

水川あさみ/阿部 力

植木祥平/千葉雅子/池谷のぶえ

神 由紀子/川田しのぶ/桜井ひとみ