物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。



ザ・ノンフィクション「今夜も眠れない 47歳クラブママの迷い」

ザ・ノンフィクション

ザ・ノンフィクションは、1995年10月からフジテレビで放送されている日本のドキュメンタリー番組。

「今夜も眠れない 47歳クラブママの迷い」3月12日放送分

(感想・ネタバレあります)

今回の主人公は東京都足立区竹の塚で

クラブ「7th HEAVEN セブンスヘブン」を経営する

人美 千秋さん(47)という女性。

 

世話好きで明るいクラブのママ。

17歳で両親が離婚、高校中退。

18歳の時に竹の塚の駅で知らないおばさんに

「水商売やってみない?」と声をかけられ水商売の世界に飛び込んだそう。

そ、そんなことってあるんですか?( ;゚Д゚)

37歳の時に貯金で今のクラブをオープンしたらしい。

千秋さんの店は平日も地元のお客さんで賑わっている。

気付いたら47歳。

「不安しかない」

「結婚しているわけでもないし、旦那が居るわけでもないし、

これで具合悪くなったらたらアウトだもん。」そう話す千秋さん。

 

千秋さんは2DKの賃貸マンションで年下の彼氏と同棲中。

彼氏は43歳の さとしさん。

洗濯や料理など家事をやってくれる さとしさん。

さとしさんは居酒屋を経営している。

さとしさんが16歳の時、千秋さんは雲の上ぐらいの存在で憧れだったらしい。

数年後、再開してから猛アタックして見事、彼氏彼女の関係に。

千秋さんは、さとしさんとの結婚を夢見て、子供も欲しいと思っている。

日々、結婚願望が高まる。

「お客さんが減ってしまうのが怖い」と、さとしさんとの関係は

お客さんには秘密にしているらしい。

 

クリスマスイブの日、店で酔いつぶれてしまった女性スタッフ みうさん。

3年間働いてお店でナンバーワンの女性スタッフらしい。

みうさんは他のスタッフといざこざが絶えないんだとか。

 

年が明け、2017年1月に。

千秋さんの店にとんでもないことが起きていた。

 

お店ナンバーワンの、みうさんが急に辞めてしまったらしい。

「もう出勤できない。今までありがとうございました。」などと書かれた

みうさんからのLINE。

「は」が小さい「ゎ」(;^ω^)

 

1月6日、仕事始めの日。

みうさんの件がショックで、お通しの準備が間に合っていない。

スーパーで総菜を買う千秋さん。

え?スーパーで買うものなの?

(;゚Д゚)

え、いいの???

 

・・・年明け後の店は閑古鳥。なかなかお客さんがやって来ない。

いざって時にしかしないようにしているという営業。

LINEでお客さんに営業する千秋さん。

ナンバーワン不在の店。不安が募る。

お客さんのアフターに付き合い、帰る頃は翌日の朝7時。

外は、もう明るい。

「眠いし帰りたい、超がまんしてたもん」

テレビで言って平気なの!?(;゚Д゚)

 

千秋さんは連日朝帰りが続き、帰ったらすぐに寝てしまうらしい。 

そんな中、同棲中のさとしさんには不満が溜まっていた。

「共働きで協力しなきゃいけないのに、あの人は何もしない。」と

洗濯物を干しながら話す。

家事を済ませてから、さとしさんは居酒屋へ出勤。

 

 千秋さんは仕事後、クラブの他に経営しているもう一つの店へ。

 酔った千秋さんは、お客さんの前でその店の店長と口論になる。

「あの言い方は無い。辞めてやろうかと思いました。」と話す店長。

 

色々な事が立て続けに起こり、寝不足の日々が続く千秋さんは

「胃が痛いまた。もうやだ。全然寝れない。」と話す。

 

その後、千秋さんはさとしさんと産婦人科へ。

今の年齢で子供を産むことができるのかを確認しに。

しかし医師からは厳しい話が…。

帰りの車の中は無言のまま。

 

翌日、千秋さんは親友に結婚や出産について悩みを相談する。

「幸せになりたいよね。いっぱい悩んでいいと思うよ。」

親友の言葉に涙する千秋さん。

 

3月になると、クラブの売り上げが回復。

そして千秋さんは自宅の台所に立って料理をしていた。

さとしさんは千秋さんの行動に戸惑いながらも、ちょっと嬉しそう。

作ったお弁当を持って2人で公園へ。

「先を見て色々あるけどね、一緒にやっていこうかなって思います。」

笑顔で話す千秋さん。

「不安しかない。」と話していた時よりも明るい表情でした。

 

嫌な事って、なぜだか重なってしまう事ありますよね。

 

『ザ・ノンフィクション』

<オープニング・テーマ曲>「サンサーラ 」演奏:武部聡志

<エンディング・テーマ曲>「サンサーラ」歌:瀬川あやか

主に現代の日本を取り巻く社会問題や市井の人々が人生に苦闘しながらも情熱を持って生きる姿を取り上げている。

長期に亘る取材を特徴としており、この番組で取材を受けたのを機に有名になった人物も多く、特に反響の大きかったものは出演者の「その後」を追いかけ、過去と現在の様子を再構成して放送する。