物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。日記も書きます。



テレビドラマ『クズの本懐』第8話「一途な思い、広がる青空」

クズの本懐

第8話「一途な思い、広がる青空」3月8日放送分

(以下、感想・ネタバレあります)

 花火(吉本実憂)と麦(桜田通)の前に現れた麦の幼馴染、

鴎端のり子【最可】(志保)は、昔から麦に一途だった。

ロンドンから帰国した最可は、以前麦と約束していたデートを提案、

麦はしぶしぶ受け入れる。

そんな最可の一途な態度を冷めた目で見る麦。

しかし、最可にはある秘密があった。

一方、茜(逢沢りな)の男であるタクヤ(猪野広樹)に流され始めている事に気付いた花火は・・・。 

「最も可愛いと書いて最可(もか)」

最可が登場する回!アニメの最可、好きです。かわいい!

麦の幼馴染の鴎端のり子(最可)は親の転勤で海外へ行っている設定らしい。

(アニメもそうだったっけ?)

花火と麦の前に現れた最可。

うぅ~個人的にですが、「これじゃない感」がすごい( ̄ロ ̄lll)

もっと華奢でお上品な感じを想像していました…

 

麦は前に約束していたデートを受け入れ、

最可は麦との初デートをまっすぐに喜ぶ。

麦「正直、こういう真っすぐな女には昔からそそられない。

こんな俺はクズですか?」

昔からって・・・( ^ω^)

 

茜(逢沢りな)の男であるタクヤ(猪野広樹)と会っていた花火。

2人きりでカラオケへ行き、スマホばかり見ていた花火は

ふざけてタクヤにスマホを取り上げられる。

悪ふざけに怒った花火。

タクヤ「お詫びにホテル、ご褒美にホテル、何はともあれホテル~」

なんなんだ一体( ̄∇ ̄;)

 

映画館デートをする麦と最可。

「どうして片想いって、ちっとも心を満たしてくれないの」

 

花火は麦に電話をかけるが、最可と食事中の麦は

着信に気付きながらも電話には出なかった。

このデートの日、最可は誕生日だったらしい。

デートの帰り道、最可は麦にお礼の気持ちを伝えるが、

麦の目を見て話すことができない。

切ない気持ちでいっぱいになって「麦、好き」と伝える。

 

こんなに長い間、しかも自分だけを

まっすぐに好きになってくれる人が居たら良いですよね。

叶わないのは切ないけど。

 

麦の部屋。

最可「楽しかったけど、同じくらい物足りなかったの。

麦、こんな事あの子としてたの?」

麦「ごめん、でも今、最可がめちゃくちゃ可愛いから」

「最可のこと大切なんだ。最可はダメだ。こんなことしちゃ。」

麦は途中でやめた。

最可「やっぱり麦は王子様ね、いつも私を特別扱いしてくれる。

ありがとうって言わなきゃなのかな…」

 

ーーいつもの学校の屋上。

花火「告白しようかと思って」

麦「俺も。」

2人はそれぞれ想いを寄せる人に告白することを決めた。

「冬休みが終わるまでに2人とも綺麗さっぱり振られてこよう。

そしたらもしかして、別の扉が開いたりするのかなぁ。」

未来のことは

まだ何もわからないけど

 

第9話に続きます。

 

ドラマ「クズの本懐」先行配信中

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

◆関連記事◆

ドラマ『クズの本懐』キャスト吉本実憂さん - 物語のある生活

ドラマ『クズの本懐』キャスト逢沢りな さん - 物語のある生活

ドラマ『クズの本懐』キャスト桜田通さん - 物語のある生活

テレビドラマ『クズの本懐』第5話「似てるの。ろくでもない所が…」 - 物語のある生活