物語のある生活

好きな作品、気になる作品など記録するブログです。日記も書きます。



テレビドラマ『クズの本懐』第5話「似てるの。ろくでもない所が…」

クズの本懐

第5話「似てるの。ろくでもない所が…」

(以下、感想・ネタバレあります)

茜(逢沢りな)の正体に気付き、傷ついた花火(吉本実憂)は絵鳩(池上紗理依)の優しさに溺れていく。

その頃麦(桜田通)は、3年ぶりに先輩である芽衣(吉田志織)と再会し、茜の本性を知らされる。

傷ついた麦もまた芽衣と一夜を共にする。

花火は、学校で久々に会う麦と共に屋上に向かう。

「麦はもう要らない」という感情を抱いたまま…。

お兄ちゃん(鐘井先生)が茜に告白しているのを

目の当たりにしてしまった花火はショックを受けるが涙が出なかった。

小さい頃からずっと一緒に居たのに何もできなかった自分に対しての

悔しさ、苛立ち…。

 

学校からの帰り道、花火の後を付けてきたえっちゃん。

えっちゃんの気持ちには答えられないけど、

えっちゃんの優しさが心地良かった花火。

「私が花火のことが好きだからだよ。

好きな人に触れるから、それが伝わるの。

好きって、そういうものだから。」

えっちゃんで満たされた花火…。

 

もう友達には戻れない?

人の好意を利用した?

あの女と同じ“クズ” なの・・・

 

麦は中学の時の先輩に3年ぶりに再会した。

先輩(芽衣)と一夜を共にした麦。

 

「2人とも好きなのは私なんだけどね♪」

茜から向けられる“女としての優越感”

 

お兄ちゃんが茜に告白した事を麦に言えずにいた花火。

えっちゃんとの事もあり、麦との距離を感じていた。

「やっぱり他人なんだ。私はもう、えっちゃんで良いのかな。

寂しさを埋めるだけなら、もう麦は必要ないや。

麦は、もう要らない。」

そう思った花火だったが、やはり2人は離れられない。。。

「麦とあたしは、よく似てるんです。

似てるの。ろくでもないところが。」

 

ーーー独り言ーーー

えっちゃんと花火が女子トイレに行くときに

麦がスマホいじってたけど、あれは何だったんだろう?

先輩に連絡してたのかな?(゜-゜)

あと、花火も麦も前髪が長すぎるよーー!

 

続きを見てみる

 

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

<キャスト>

 

◆関連記事◆

テレビドラマ『クズの本懐』第4話「人の好意ほど気持ちのイイものなんてない」 - 物語のある生活